在校生
メニュー

指導体制

クラス編成

 1学年の子どもの数は72人で、36人(男女18人ずつ)の2クラスとなります。1年または2年ごとの頻度で、クラス替えと担任替えを予定しています。

教員体制

 1年生から6年生まで、全ての学年に子どもたちがそろうまでは、教員の採用も段階的に実施していきます。農大稲花小の教育理念・方針に賛同いただいた、他の小学校で経験を積まれた方を採用していく方針です。初年度は、校長以下、学級担任、副担任、専科教諭、栄養教諭、養護教諭、外国人講師、スクールカウンセラーといった体制を予定しています。

充実した指導体制

 1つの学年では、学級担任2人に副担任の1人を加え、3名体制が基本です。さらに専科教諭も加え、特に開校当初は、たくさんの教員が子どもたちの日常の学習及び生活を支えます。

指導方法の共有

 農大稲花小の授業は、各教員がチームとして「農大稲花小の教え方」を共に作り、チーム全員で同じ授業を行います。1組と2組がそれぞれのスタイルで授業を行う、ということはありません。子供たちのアンケートによる教員の授業評価も計画しています。全教育活動についてチームとしてPDCAを繰り返し、効率的に授業の質の向上をめざしていきます。

教科書・副教材

 文部科学大臣の教科書検定を受けた、教科用図書(教科書)の使用を基本としています。科目によっては必要に応じ、資料集や問題集といった副教材を使用します。

電子黒板

 農大稲花小には、「黒板とチョーク」がありません。各教室では、短焦点プロジェクターが設置された「電子黒板」を使用します。とは言え、ホワイトボードとして板書も可能のため、全ての指導がデジタル化するわけではありません。デジタルとアナログそれぞれの特徴を踏まえた新しいスタイルの確立をめざします。

タブレット端末

 子どもたちが1人1台使用できるタブレット端末を、学校備品として用意します。無線LAN 環境の整った校内での授業のほか、体験活動等でも効果的に活用します。

家庭学習

 「英語科」を含め、毎日60分程度の課題を予定しています。低学年時には国語科、算数科といった基礎学力の足固めとなる課題を、高学年時には、それぞれの興味・関心や進路に応じた課題を本人と保護者との相談も踏まえつつ、設定したいと考えています。そのほか、日記、音読、読み聞かせ、読書などを予定しています。

評価

家庭学習
家庭学習

「10の能力」に基づく評価を記載した通知票を、学期ごとに配付します。

Q&A

よくある質問

Q東京農大の先生は、どのように関わるのですか?
A東京農大の教員は、「稲花タイム」の体験型学習をはじめ、さまざまな行事等において接点を持ちます。
そのほか、東京農大の学生や、社会で活躍する卒業生等との学びなど、東京農大の特色の現れる体制を作っていきたいと考えています。
Q電子黒板やタブレット端末を使うということは、ノートは使用しないのですか?
Aこれまでの学習ノートも使用します。どちらも思考や表現のツールとして捉え、目的に応じて使い分けていきます。
Q授業についていけなくなった場合、補習が行われるのですか?
A補習については現時点では前提としていません。授業のなかで子どもたちの状況に応じた指導を行うことを前提としています。
Q習熟度別の授業は実施しますか?
A高学年時の一部の教科(算数科等)で実施を検討しています。
Q一期生として入学すると、ずっと上級生がいませんが、どのようにフォローするのですか?
A直近の上級生はいませんが、様々な体験活動等において、隣接する東京農大の学生や農大一高・一中の生徒と接する機会を増やしていきたいと考えています。